やる気スイッチを点灯させる、スクールIEの指導法を徹底調査

HOME » やる気スイッチ(スクールIE)の特徴 » 入塾前の徹底診断

入塾前の徹底診断

スクールIEは、生徒の「やる気スイッチ」をONする指導を展開するため、入塾前に2つの徹底診断を行っています。その内容をチェックしてみましょう。

やる気スイッチ(スクールIE)への入塾前に行われること

スクールIEが授業開始前に行う診断は2つ。それぞれの内容を見ていきましょう。

やる気アップシステム

指導開始前に、まず子供たちに200の設問へ解答してもらいます。その内容から、これまでの学習や生活習慣、そして性格、個性を診断します。子供たちの集中力や自主性、そして計画性といったものまでが、ある程度はっきりとわかるのだとか。

相談イメージ子供たちの性格は十人十色。プラス思考や完璧主義な子もいれば、のんびりタイプや飽きっぽい子まで、さまざまです。

そこで診断結果を元に、生徒一人ひとりのやる気スイッチを、より効果的にONするための計画が練られていきます。具体的には、相性の良さそうな講師の選定、そして生徒の性格にあった指導法が設定されていきます。

もちろん診断結果は、詳細な表やグラフとなって、各自に返却されます。また「あなたの素晴らしいところ」「もっとよくなるには」「やる気度」「成績アップ法」「向いている職業」などが表示され、アドバイスももらえます。

このやる気アップシステムに基づいた指導のもとで、保護者から「子供が嫌がらずに学校に行くようになった」とか「やる気をもって勉強するようになった」という声が多く聞かれているようですよ!

成績アップシステム

指導開始前には、学力診断テストも行われます。この結果が、「成績アップシステム」に反映されていきます。

テストは子供たちの学力を客観的に把握し、効果的な個別カリキュラムを作成するためのもの。結果から教科ごとに、現在の理解度を分析できる内容となっており、70~100の細かい項目で分けられているとのことです。

これらを元に、スクールIEの講師たちは、自分の思い込みやカンではなく、子供の躓きの原因を探ります。理解できない箇所が発生した時期まで遡り、ていねいなカリキュラムを組むことで、効率的に成績アップへつなげていくのです。

また生徒・保護者・講師・室長の4人で目標達成ミーティングを実施。学習方針や目標などを決めていきます。それを実現するための個別カリキュラムを設定するので、子供が成績アップのためにやるべきことが明確になるのです。ここで講師と一緒に、「取り組むべき目標」が決められるので、生徒のやる気がしっかりとアップしていくわけですね!