やる気スイッチを点灯させる、スクールIEの指導法を徹底調査

HOME » やる気スイッチ(スクールIE)の特徴 » 完全担任制の個別指導

完全担任制の個別指導

このページでは、個別指導塾・やる気スイッチ(スクールIE)の指導法をリサーチしています。

やる気スイッチ(スクールIE)の個別指導とは

教える側の都合に合わせる集団塾と違い、スクールIEでは、完全な個別指導を実施しています。

「どうして?」「なぜそうなるの?」という生徒の疑問にタイミング良く、そして理解できるまで親切丁寧に答えられる指導を実践しているのです。そのスタイルは、2種。

  • 1対1コース…講師1人に生徒1人の授業形式。90分間、講師がずっと隣に座って、つきっきりで指導をしてくれるコースです。質問しやすく、自分のペースで授業を進められます。
  • 1対2コース…授業中の90分間、講師がずっと隣に座って2人の生徒を個々に指導。1人の生徒が解説を受けている間は、1人は演習問題を解く、というように、個々に指導を受けるよう工夫されています。

    ※2コースも担任制で、授業のたびに講師が変わるということはない

スクールIE個別指導イメージいずれにも「個をもって個に対して教育する」という、スクールIEの基本方針が貫かれています。性格や学力から、一人ひとりの生徒を総合的に把握。目標達成しやすい指導を心がけ、本物の学力を育てていくのです。

もちろん個別指導ですから、生徒と講師の間にも相性があります。そのため学習態度や表情はこまめに確認。必要に応じて対応を考えます。

一度立てた授業方針を練り直したり、時には講師を変更することも…。それだけ真摯に、個別スタイルという指導法にこだわっているのです。

講師の質向上にも尽力

もちろん、講師陣の質向上に向けた努力も、しっかり行われています。

採用にあたっては、書類審査、面接、学力テストはもちろんのこと、適性検査を実施。応募者の性格や深層心理の状況を客観的に把握し、講師としての適性を見極めています。

また採用後も教室単位での研修をはじめ、エリア内にある教室の全体研修や、コーチング研修なども、随時実施。生徒の学力を的確に伸ばす講師の育成に努めています。

授業だけでなく、カリキュラムをプランニングする能力や、生徒と信頼関係を構築できるコミニュケーション能力に優れた講師を養成しているから、安心なのです。