やる気スイッチを点灯させる、スクールIEの指導法を徹底調査

HOME » 子供のやる気スイッチを探す方法 » 話を聞く

話を聞く

このページでは、子供のやる気を引き出す方法を紹介しています。

話に耳を傾ける|子供のやる気を引き出す法

子供のやる気を引き出す方法のひとつに、コミュニケーション上手になることが挙げられます。何も難しいことではありません。子供の話をじっくり聞いてあげる。これが大切なのです。

話を聞く姿勢を見せると、子供は「自分の意見を尊重してくれている」と感じ、愛情を無意識に感じ取ります。すると子どもは、やる気を見せるようになってきます。

コミュニケーションと聞くと「積極的な会話」と捉えがちですが、大人と対等に渡り合える子供なんて、そうはいません。まずは、真剣に子供の話を聞いてみること。その中で子供のやる気を、自然に引き出してあげればよいのです。

子供の話を聞くときのポイント

  1. 相手の顏を見ながら話を聞く…子どもに集中して話しを聞くようにすることです。「ながら聞き」なんて、もってのほか。子供は敏感に察知していますよ。
  2. 話を途中で遮らない…言いたいことがあっても、決して途中で話を遮らないこと。話は最後まで聞いてあげることが大切です。
  3. しっかりと相づちを打ったり、うなずいたりする…ちょっとしたジェスチャーが大切。話をきちんと聞いてくれているかどうかが、子供にしっかりと伝わります。
  4. 子供の感情を受け止め、投げ返す…「嬉しかったのね」「楽しかったのね」「嫌だったのね」など、子供の感情が現れた言葉を、しっかりと投げ返すこと。子供は自分が受け入れられていることを知り、感情が明確に表現し始めます。

子供のやる気を引き出すために、話をしっかりと聞く。簡単なようで、意外とできていない親御さんも多いのでは?まずはこうした態度を、習慣づけていきましょう!